「ダイエットしないダイエット」

村上カナコのブログです。

ラピュタのようだった牡鹿半島

石巻にある牡鹿半島の先から見えた金華山が、ラピュタのようでした。

f:id:murakamikanako:20150530193818j:plain

初めてスマホのパノラマを使ってみました。

f:id:murakamikanako:20150530193855j:plain

こちらは、網地島方面。

f:id:murakamikanako:20150530193949j:plain

コバルトブルーの海。

 

 

背中を華奢にするには、腕と足首!?

部分痩せが気になる方も多いのではないでしょうか。

 

わたしの考え方ですが、気になる部分を含めての全身です。よって全体を考えた方が気になる部分はスッキリすると思います。

 

どこかがとても気になるとき、大概どこかが締まっています。

 

そのバランスは、今は必要だからなっているのであって、要らなくなればスッキリする。

 

例として、背中が華奢になりたい方の75分の変化です。

f:id:murakamikanako:20150527144910j:plain

肩周り、少しボリュームダウンしていませんか。

こういうときは、写真の色を反転させるとわかりやすいです。

f:id:murakamikanako:20150527145023j:plain

主に動かしたのは、心と、腕と足首です。

問題に集中すると問題が深まるため、問題から遠そうなところをポイントにしています。

 

ダイエット中に起きる変身

当サロンにお通いのお客様からよく聞くご感想は、

「何もしていないのに痩せた」「楽しい」。

 

自信や元気がなくてご来店くださった方が、そう感じているというのは、大変身だと思いますし、表情や雰囲気も違ってきます。

 

正確には、何もしていないわけではありません。

初めてお越し下さったとき、

  • うまくいくタイミング
  • サイクル
  • 加減

3つの簡単なポイントをお伝えします。すると、

「あ~!どおりでうまくいかないわけだ!」

お客様は膝を打ちます。すると、ダイエットスイッチがONになります。

よって、自主的にご自身の課題を見つけて挑戦し、実感したことを教えて下さいます。

 

「じゃあ、これをやってきますね!」

「これは続いてる~!」

「まだ脚を無視していたから、これをやってみます」

 

自信や元気がなかった方が楽しそうにチャレンジするお姿は、大変身!です。

 

2週間で2kg1%減のお客様の変化。

f:id:murakamikanako:20150526171134j:plain

 

 

ALOLINAというトラベルアイテムに一目惚れしました

ふらりとヒカリエに入りましたら、ストライクど真ん中なポーチに出会いました。
f:id:murakamikanako:20150524150025j:plain
ALOLINA(アロリナ)という、便利で素敵なトラベルアイテムを提案する日本のブランドだそうで、まだ店舗はないと店員さん弁。

これがバックの中に入っていたら……出張が楽しくなりそう!と思い購入♪

巾着の内側が赤でかわいいのです。

クラッチが軽くて、旅には便利!
f:id:murakamikanako:20150524154402j:plain
内側は紺色です。ずるい、ずるいわ。

他のアイテムにも、テイストが全く異なるかわいいものがありましたので、少しずつ買い集めたいです。

余談ですが、これは仙台のサロンが入っているマンションの一階にある、お直し屋さんのお父さんに作って頂いた宝ものポーチ♪
f:id:murakamikanako:20150524151035j:plain

お父さんは、石巻という町で壮絶な被災体験をされたのち、71歳にして「仙台で再出発します!」とお一人でお直し屋さんを立ち上げたカッコイイ人なんですよ。

太もも-12cmを支えたストレッチ

わたしは17kgの減量に合わせて、太ももを-12cmしているのですが、そのとき「これだ!」とビビッときて取り入れたのが、このストレッチです。

allabout.co.jp

 

小学校低学年になったら急に身体が硬くなり、小6のときにはすでに中年のような硬さで、前屈がコントのようだったわたし。

 

ガンガン運動をしてごつめな脚をどうするか考えたとき、過不足を補えばいいと想定し、一番盲点だったのが「もも裏」のストレッチでした。

 

自然に習慣になった秘訣は、はじめて試したときに気持ち良く感じたこと。

 

気持ちがいいな と思ったときは、きっとあなたの味方になってくれます。

なぜ水はダイエットに必要なの?

allabout.co.jp

 

ダイエットをする多くの女性の声を生かすことを心がけて、記事を執筆しています。

無理な我慢を避けること

こんにちは、ダイエットガイドの村上カナコです。

f:id:murakamikanako:20150520012824j:plain

私は、ダイエットの壁になる、「葛藤や苦しみを避けても、うまくいくダイエットの道」はないか探し続け工夫し続けました。

 

心と身体は表裏一体とは言いますが、気分が良ければ身体の調子もいいですし、食べる量も落ち着くためです。

 

ですから、気持ちのいい気分転換を味わえば、我慢するしないで葛藤しなくてもよくなります。

子供のように、違和感を素直に訴えられない “物わかりのいい大人” でも、身体は昔と変わらず正直です。

 

食べたい。太った。痩せない。凝った。痛い。

それらは、あなたの代わりに、何と言ってくれているのでしょう。

身体の主張をきっかけに、ご自身の本音を受け止める。

すると、落ち着きが生まれて、無理な我慢がいらなくなりますよ。