「ダイエットしないダイエット」

村上カナコのブログです。

madehni(まで~に)

仕事から帰って、食べたいけれども作る気がしない……。

そんなとき。

「丁寧に作られたやさしい味のスープを、お湯で温めるだけで食べられる」

なんてあったら、バリバリ働くアラフォーは救われないだろうか。

ホッとする味のスープ『madehni(まで~に)』。「までに」とは、気仙沼地方の言葉で「丁寧に」という意味。

f:id:murakamikanako:20141210143303j:plain

個人的に買ったものを、物撮り風に(まで)。

 

素材の良さを知っている4社さんが共同開発したブランド。

「手間を惜しまず丁寧に、ちょっと特別な家庭料理のような商品を作っています」

食べているとき、そのフレーズが頭の中でリフレインします。

 

「なるべく電子レンジではなく、お湯で温めて下さい」

それも身体を思うアドバイス。

袋の端の穴は、お湯から上げるときにお箸を通すところ。

までさがにくいです。

 

ダイエット食品なわけではありませんが、出汁が効いた薄味なので、料理の味付けで迷走してきた人には知って欲しい味。

さんまのつみれのスープの出汁っぷりは、都会で疲れた人に沁み渡る美味しさ。

わたしは、牡蠣のクリームスープはパスタ、カジキのスープはパエリアにして頂きました。

 

この季節のご褒美やちょっとしたプレゼントに、おしゃれで上品なお味はいかがですか。

添加物をほぼ使っていないのも、むくまず嬉しいポイント。HPには、各スープの原材料が記載されています。


madehni(までーに) - 三陸に拠点を置く4社が立ち上げた共同開発ブランド

 

うまけりゃうれるべ市でも売り切れた様子です。


うまけりゃうれるべ市。 - ほぼ日刊イトイ新聞