「ダイエットしないダイエット」

村上カナコのブログです。

アンチエイジングは、必死さを捨てるべし

老化というと、「中年の悩み」みたいだけれど、運動不足が長引いている若い人も老化に近い状態になっているし、実際に10代との違いは認識しているもの。

 

猿腕やO脚は「あ、ちょっと関節のカタチが違うんだ」と、子供でも気づいて話題にするほどわかりやすい。20代以降になると腕の歪みは意識から外れやすく、O脚の改善を気にする人が増える。運動不足が積み重なっていると、お若い人でも腕が強くねじれていて、口を揃えたように「痩せにくい」「動きたくない」と、おっしゃいます。そんなときは、子供の頃の腕や脚、そして生活習慣がどうだったか思い出してみるとヒントがありますよ。

 

若いときはそんなに困っていなかったことでも、年を重ねると顕著になります。チリも積もればなんとかで。

体型には、食べ物や生活習慣が出ます。必死にならずともキレイな人がいるけれど、それなりに気を使ってキレイなのであって、必死じゃないから「習慣」なのです。だからアンチエイジングにしろダイエットにしろ、必死さはない方が輝きが増します。

f:id:murakamikanako:20141223214732j:plain