「ダイエットしないダイエット」

村上カナコのブログです。

欲張り癖を見直してスムーズダイエット

食べ過ぎと運動不足が急上昇しやすい年末年始。

「クリスマスだから」

「忘年会だから」

「お餅食べちゃうんですよね」

「寒くて動かないから」

と、おっしゃる人の話を聞いていると、「できるかできないか」で引っかかっていて、「やるかやらないか」では緊張してしまうご様子。反対に、

「わたし全然変わろうとしてないね!」

痩せたいというわりに、今までと違う行動を避ける自分に気づく人もいます。

 

これから待ち構えるお正月料理は、見た目や食感、餅の伸びなどイレギュラーで心をくすぐるものばかり。食べることにわくわくしながら、食べる量を抑えるのは大変です。

この先の生活習慣も考えて、暴飲暴食を落ち着かせていきたいかの再考や、何をやるか整理したり、欲望スリム化の策を練ってから、食べるかどうかを考えた方が良さそう。

 

例えば、ダイエットがうまくいかない人は、体重や体脂肪率、腕や脚やお腹の脂肪をつまんで1カ月後現実的にどれくらいの厚さにするか目標を作るときも欲張りがちです。もしかしたら、あらゆる場面の欲張り癖を見直せば、あっさり痩せるかも。また、
「せっかく食べるなら味付けはしっかり!」
「飲み会は元を取らねば!」

「行きたくないお付き合いだから、残さず食べる!」

など、うすうす思っていたことに気づけたら、もう出口は見つかったようなものですよ。