「ダイエットしないダイエット」

村上カナコのブログです。

鏡を見たくない!というとき

「鏡を見たくない」「身体を見たくない」
と、おっしゃる人もいらっしゃいます。
f:id:murakamikanako:20150119111150j:plain
「変わりました?」聞き返されます。“ご本人様が変化を感じることがモチベーションに繋がる”とは思うんですけどね。気づいて頂こうと聞き返すと、目力パワーアップで、「変わりました?」迫ってこられますが、人に言って欲しいのだそうです。「髪切った?」と言って欲しいに近いのでしょうか。

または、「わからない」の一点張り。本当にわからないのかもしれませんし、わかろうとしていない、もっと急激に変化しないと変化と認められない、なんてことはありそう。10kgくらいやせてみえることを「変わった」と思っているのかもしれません。

その背景は、
・カラダを見ないことで得ていること。
・常に批判的な目でカラダがを見ていること。
などがありそうです。

普段批判的な目で見ているようであれば、どうしてもカラダに対してマイナスの言葉がつきまといます。そうすると、鏡でカラダを見るとき、ひどいところから見てひどい言葉をかけ、ココロのエネルギーを奪っていくこともあるでしょう。

誰かから悪いところの話ばかりされたら、その人が苦手になったり、「お前にいわれる筋合いはない」と違和感を持ちますが、これを自分一人でやっているとしたら自分への信頼が揺らぐばかり。悪いところから見る癖や悪いと思ってみる癖がないか見直して、ココロの負担を減らしましょう。「じゃあ、どうすればダイエットがやりやすくなるか」に時間を使おうではありませんか。