「ダイエットしないダイエット」

村上カナコのブログです。

カラダの歪みとその他の歪み

一年ほどサロンのブログを読んでから、足を運んで下さった40代後半のお客様。

(※お客様の許可を得て書いております)

  • 背中が痛くなる。
  • 腰が痛くなる。
  • 汗がひどい(足の冷えもある)。
  • 痩せない。

コンサルテーション(45分ほど)+自重トレーニング+動きを使った触れているかいないかの歪みケア(計90分)の比較です。

f:id:murakamikanako:20150201001233j:plain

背中や腰痛の原因が、カラダだけで起きていたわけではないと気づかれ、「無意識に溜めていたこと」をもっとお話ししたいご様子でした。

 

膝下のO脚は今まで知らなかったそうです。お尻と上半身が左に寄っていることもご存じではなかったでしょうね。

 

ダイエットサポートの相談のほとんどを例えると、

「ダイエットのスタートラインまでが、どう考えても遠過くて困難だろうけどやってみたいんです」

と、いったところです。

 

お客様の話の内容は、まえがき(ダイエットに繋げてしまっていること)が90%、残り10%が本題(ダイエット)。10%からパートナーシップをはじめます。

 

カラダの歪みを気にする人は多いですが、「見方・受け取り方の歪みを正したい」というのは聞いたことがなく、その代わり自分を正そうとされます。「自分に甘い」って。

 

体重は減らしたいようですが、「ココロの荷物を減らしたい」「考え過ぎから抜け出したい」とも聞くことはなく、「マイナス思考なんです」という声が多いです。

 

果たして本当に、自分に甘いのか。

本当に、マイナスが問題なのか。

 

こういったことが「見方・受け取り方の歪み」じゃないかと。

 

お客様は元気を“出し”に来ています。快復方向を感じる。それが、ご本人様が本来持っていた元気を知る瞬間。

 

わたしがやってあげているわけでも、できるわけでもなく、お手伝いさせて頂いています。

 

・ダイエットの電話、メール相談を担当させて頂いています。
All About navitell (ナビテル)ダイエットガイド 村上カナコ