「ダイエットしないダイエット」

村上カナコのブログです。

富山で心に残っていることまとめ

北陸新幹線で富山に行けるようになりましたね。15年以上前の話ですが、転勤で富山市に住んだとき心に残っていることを、「ただの思い出」かもしれませんがまとめます。

 

路面電車

市内を定額で走る路面電車が通っていて、生まれて初めて乗ったこともあり新鮮でした。

 

市内からも立山黒部山脈が見えた

山脈を越えて羽田に戻っていく飛行機を眼で追う日々(若さゆえホームシック)だったため印象に残っています。

 

回転寿司が美味しい

職場の人に氷見のきときと寿司に連れて行って頂き、地元で獲れる白エビやホタルイカの新鮮なお寿司が食べられて感動しました。

※ダイエットガイドですが、食べることは「悪」と捉えていないため、ほどほどに食べるとして食の話にも触れますね。

 

鱒寿司
今はコンビニでも買える鱒寿司。本物はやはり美味しいです。はじめは見た目の迫力に負け食べる予定ではありませんでしたが、ところがどっこい(「ところがどっこい」久しぶりに出てきて自分でびっくり)。


おしゃれ
雑誌に載っているものが早い段階で売っていたことは、当時の私には衝撃的でした。

 

人柄

ほんわか柔らかい人が多く、優しい印象を受けました。

 

方言
「言うとんがか~?」
訳:言っていたんですか?

言葉もほんわか柔らいです。

 

桜は入学式シーズンに咲く

これは北国の人間のカルチャーショック。4月初旬に桜が咲いているのを初めて見たのが富山でした。

最後に。「ゆったり優しい町」というのが私の印象です。現地の人から「教育県なんだよ」と教えて頂いただけあって町はキレイ。都会で忙殺されている方にオススメです。4月後半は、高岡の近くでとなみチューリップフェアがありますよ。


北陸新幹線で注目!はじめての富山おすすめ観光名所&グルメ10選|All About(オールアバウト)