「ダイエットしないダイエット」

村上カナコのブログです。

立ち仕事で、脚がだるくて眠れないとき

立ち仕事で脚がだるくて眠れない。

 

f:id:murakamikanako:20150317032513j:plain

新卒のときは私も「立ち仕事=脚がだるくなる仕事」「夕方だから」だと思っていました。

 

でも、うすうす「立ち仕事だからじゃないかも……」と感づいてきました。

 

脚はだるくて火照って眠れない。

お尻も痛い。

腰も痛い。

 

「食べているものが原因だよね」と明るみに出してみたものの、始めは味覚が狂っているためさっぱり思うように軌道修正できませんでした。今は食べられない濃い味のものに慣れていたので、「どうやって味覚を躾けるか」が課題でした。

 

  • 加工品に調味料をかけるのをやめた。
  • 加工品を減らした。
  • なるべく自然に近いカタチで食べるようにした。
  • 無駄な調味料を控えた。
  • 調味料を使い過ぎるおかずを控えた。

文字で見るとストイックそうですが、そうではありません。「なるべく」「できる限り」です。少しづつチャレンジしたら、気づいたときには以前の眠れないほどのだるさやむくみがぐっと減り、ダイエットは楽になりました。ぎっくり腰にもならなくなりましたし!


それはきっと、少しづつの底上げで食べる量や栄養素といったところが見直された結果、食生活全体を見直せたから。

今どうしてもやめられないものに集中すると、余計問題がこじれることがあります。ですから、強敵は一旦横に置いて、できそうなことを躾けてみるのは一つのアイディアですよ。